経営指導員研修と会議所の組織構造(そもそも経営指導員とは?)

相談事例

経営指導とは?

経営指導員とは、商工会議所の職員で、事業所の皆様への経営相談やマル経など支援策の案内や実行をする人たちです。経営指導員でない職員もいますが、経営指導員のみ行政から予算がついているので会議所ごとに人数がきまっています。たいてい、若手が指導員になるのを待たされます。

経営指導員になるには、特に資格は不要です。一般的に指導員研修を2か月ほど受け(基礎1、基礎2)を受けて地域の事業者への指導を行います。会議所の頭数によっては指導員研修を受けずになる方もいます。逆のパターン(つまり指導員研修いったけど経営指導員にすぐになれない)もあります。指導員は、さらに年に2回経営指導員研修が義務化されています。指導者の多くは経営については未経験者です。その為、研修を受けたといっても経営指導員もそれに気後れしてしまうと思います。

ただ、事業所さんと接する中で見聞きしたことを伝え、なぜそれができないか一緒に考える立場になることで支援になると思います。実際に若い経営指導員がベテランより支援事例を多く持っているなんてこともあります。コンサルタントがあるべき論を語るよりも一緒に考え伴走することで経営指導員は多くの場面で活躍されています。

理事の存在

商工会議所には、そのトップに理事という人がいます。組織の社長さんは”会頭(カイトウ)”と言われ地元の名士がなりますが、商工会議所には月に1回程度しか来ないので、実質のトップはこの理事になります。日本商工会議所、東京、大阪、神戸だとほんとによく知っている会社の社長さんが会頭を勤められていますね。
さて、この理事ですが、経営指導員から理事になるパターンと外部からくる場合があります。外部からくる人は経営者ではなかった人も中にはいます。私の場合は、市役所の職員のケースでした。市役所の中では偉い方で能力も高いのですが、市役所は根本的に考え方が違うので違和感がありました。人脈や政治力はあったけど、ITやマーケティング、新規事業を考えだしたりといったことは軽視されています。リーダーシップの取り方次第ですね。

中小企業相談所長

会議所の中には、役職者として中小企業相談所長という人もいます。部長クラスといったといころです。理事などが市役所出身、外部人材であることが多いですが、相談所長は経営指導員の長で経営指導員から昇格する方が多いとおもいます。

場所によっては若い相談所長がいらっしゃいます。すごくやる気に溢れていて応援したくなりますね。都市部を離れると特にその傾向があります。やりがいはありますが、おそらく待遇面でやる気はあっても家計を守るためには待遇が悪く、会議所では働けないといった方がいるとおもいます。
一般に給料はあまりよくないです。

キャリアパス

キャリアパスとなると順当に行けば、経営指導員⇒主任⇒係長⇒課長職⇒中小企業相談所長⇒理事といった感じです。小さい組織なので主任がなかったり、係長が無かったりします。私がいたところは係長がなかったですね。給与原資※も限られていますので、キャリアアップせず途中でとまる、もしくは経営指導員のままという方もいます。私も5年ほどいましたが、主任どまりでした。私が遅いだけですけどね。

※都道府県から職員の人件費補助があります。(県⇒商工会議所or商工会)

そもそもポストも限られていますので、士業の資格取得をめざしながらいずれは独立するなどのつもりで入るというキャリアデザインが商工会議所・商工会への就職するのがいまどきのキャリアパスかもしれません。

ただ、いろんなキャリアパスがあります。知っている範囲でいうと、県会議員、県・市役所職員、民間企業など様々です。県会議員は驚きました。