アスリートが起業する際に考慮すべきポイントとは?

相談事例

アスリートのセカンドキャリア支援の重要性

キャリアの継続性と経済的安定

スポーツの種類とともにプロスポーツも増え、我々に元気をくれるスポーツ選手は現役時代が長くあってほしいとファンだけでなく、アスリート本人も好きなスポーツになんらかの形で関わっていたいというのが本音でしょう。中には、スパッと割り切って別の世界に飛び込み成功される方もいますのでセンスの問題と割り切ることもできるでしょうが、うまく切り替えられないといった方もいるのではないでしょうか。
スポーツ選手は比較的若い時期にプロのキャリアをスタートさせ、引退後には長い職業人生が待っていると思われます。スポーツキャリアの終了後に収入源が途絶えることもあり、セカンドキャリア支援は、経済的な安定を確保するため重要な活動です。
スポーツ庁の白書にもアスリートのセカンドキャリアについて触れられており、いまいろんな形で、生計を立てるための支援が増えています。

スキルの獲得と転職のサポート
アスリートはスポーツで培った様々なスキルをビジネスや他の分野で応用できる可能性があります。セカンドキャリア支援は、これらのスキルを明確にし、他の職種での活用方法を提案することで、スムーズな転職をサポートします。
アスリート専門の転職エージェントなどがあります。スポーツで培った、自ら必要なことを考えて、取り組む姿勢などが企業でも評価されるようです。中には、税理士などの資格獲得に1からチャレンジして獲得した方もいらっしゃるからほんとすごいです。

心理的なサポートと適応力の向上
セカンドキャリアはポジティブな表現にしていますが、引退後アスリートにとってストレスフルな経験となります。しかも生活費に加え、社会保険などで手持ちの資金が減っていく不安などもあり、セカンドキャリア支援は、心理的なサポートを提供し、適応力を向上させるためのプログラムを提供することで、精神的な側面も考慮しないといけません。

社会的なつながりの維持とネットワーキング
スポーツ界はしばしば密接なコミュニティを形成します。引退後、これらのつながりを維持し、新しいネットワークを構築することがセカンドキャリアの成功につながります。支援プログラムは、元アスリートがビジネスや職場での社会的なネットワーキングを促進する手段を提供することが期待されます。同じ世界で指導者などで残れるといいのですが、選手に比べて指導者のポストは圧倒的に少なく狭き門です。

教育とトレーニングの提供
アスリートは専門的なスポーツトレーニングを受けていますが、引退後は異なる分野でのスキルが必要です。セカンドキャリア支援は、必要な教育やトレーニングの提供を通じて、新しい職種での成功に向けてサポートします。

多様性を認める社会であれば、スキルの差があっても、新しい生活はスタートしやすいのですが、ステレオタイプの多い日本社会だと学び直しなどへ偏見などがあって、やりにくいことも多いと思われます。アスリートに限らずですが、成熟化している社会において、寛容な社会づくりができていないということかもしれません。

起業のメリットとデメリット

アスリートであっても起業のメリットは、裁量の自由度、自由な働き方、能力に応じた報酬などです。自由な働き方であれば、自分の好きなスポーツを絡めることもできるはずです。一部のプロスポーツはアマチュアとの関りができなところもあるのですが、関わってきたスポーツの中で新しいビジネスがあればチャンスですね。
一方でデメリットもあります。これも資金がなくなることや、だまされたり、労働時間が長くなったりと起業にともなうリスクは伴います。
何も知らずにはじめると、デメリットが目立つとおもますので、支援はこういった部分もしっかりと伝えていくことが求められます。これは学校教育でも同じことかなと思います。

アスリートの現状と起業に求められるスキルとは?

スポーツでの専門的なスキル、体力と健康への理解、チームワークとリーダーシップ、パフォーマンス向上の方法論など資質から考えられるスキルはこんなことが考えられます。ただ、違う分野で組み合わせてイノベーションも期待したいところですので、趣味などを見つけて組み合わせていただくといいのかなと思います。プロスポーツでは趣味を持てる余裕などないかもしれませんが、好きなこともあってもいいとおもます。
他には、海外経験があるスポーツ選手だと日本に輸入されていない商品を独占販売する権利などあってもいいのかなと思います。以前、フランクショーターさんのマラソンウエアが日本でも販売されていました。アシックス系のお店で買えたと思うのですが、独自に販売できるようになれば強みになりますよね。プロレスラーの猪木さんが、タバスコを持ってきたのは有名な話です。
遠征で行った先での文化など持ち込んでみると、ストリー性も加わりそうです。

求められるスキルは、戦略思考、管理能力、労務管理、数値管理、マーケティング、資金管理などなどです。ITリテラシーを高めることもいまでは欠かせません。周りがサポートして情報発信などのお手伝いをすることもありますが、サポートする側は売れやすくすることやコンプラなどのチェックなどに勤めて、自立していくことを促すようにしてもらいたいですね。

起業のステップとサポート体制

セミナーや講座の受講メリットとは?

アスリート起業のポイントは、自立支援に向けた、きめ細かな起業支援が求められると思います。その中で、もっているスキルとリソースを洗い出し、適切な起業家のメンターへつないでいく仕組みづくりが欲しいところです。

起業セミナーは支援センターなどでやっているものは格安のものが多く、アスリートの方で起業を検討されている方があれば一度受けてみると良いかと思います。

何十万とかかる民間主催のものもありますが、玉石混合ですので目を養うためにも無料ならどこまでなのか見極めて欲しいと思います。起業支援にたけた人が民間にもいらっしゃり、ノウハウは溜まっていますが受けた後でしたその効果が把握しにくいものです。また、経営は自ら動いて身に着ける部分もありますので、基礎的なところを抑え、気軽に相談できるメンターをみつけリスクを避けながら活動するのが理想的です。

起業家としてのスキルと経験を研究する方法

参考事例は、多く在ります。でも起業した事例はキラキラしたものが多く、みんなが同じようにできるとは限りません。自分はなぜできないのかといった挫折をしることにもなりますので、人は人と割り切ってください。

起業の具体的な方法と注意点

起業における業種選びのポイントとは?

起業時の業種選びは、経験のある分野がベストです。アスリートでなくても起業する際は重要なポイントです。起業は、できること、やりたいこと、ニーズのあるところが一致する部分でやることが成功の秘訣です。単にやりたいからという理由で、ラーメン店をやっても、競合が多く、料理をやったことがない人がやれば不利です。飲食店経営で成功されるアスリートもあり簡単にできそうに見られがちですが、うまくいっている方でも最初は苦労されたというケースもあります。最悪はそこで全資産を失ってしまうケースです。
スポーツでもまたく違うポジションをやるのは、リスクもありますよね。

一方で、スポーツ分野であれば、これまでする側だったところから、見ること、支えることなど視点を変えるだけでビジネスのネタがあるかもしれません。視野を広げて、ビジネスアイデアの発想からやってみるのもいいですね。アイデアだけでしたら、現役中にもビジネス発想だけはやったほうがいいのかなと思います。

法人設立時の注意点

アスリートが自己のブランドや経営リソースを守るために法人を設立するケースがあります。特に有名になるとそんな話が結構でてくるようですね。その際ですが、出資比率はしっかりと考えておきましょう。多額の出資でスポンサーがつくことがありますが、自分の意思で決めていただきたいです。株式数の割合は発言権のパワーバランスを意味します。しかも一定の重要事項を決めるには持つべき割合があります。

信頼のおける弁護士さんが良いですね。元アスリートの弁護士さんとかがいると親身に相談にのってくれるかもしれません。

会社がそのアスリートの資源(肖像権など)を管理する目的で設立されて、会社が別の人がコントロールするようになってしまうことだってあります。会社は何をするかも大事ですが誰とするかも大事なのです。若いアスリートが騙されるケースなどないことを願っています。行政で親身に相談にのってくれるところもあるので、セカンドオピニオン的に聞いても良いでしょう。

アスリートのブランド価値を活かした事業の展開方法

スキルの棚卸次第ですが、ファンとのコミュニティー作りがアスリートらしさがでると考えられます。現役時代を知っていればファンが知ってくれているからです。イベント開催、限定商品、健康関連の食材などに展開が可能です。

アスリート一人では難しい時にスポンサー探しから始めるといったところからスタートする場合、一人でやるには少し厳しいところもあるとおもいます。エージェントを探すことなどからスタートしたり、浅い縁をたどって営業するなど地味なことも場合によっては必要でしょう。

人に頼ってでも営業をすることができるかどうかが、事業展開のカギです。私は、人に任せるところはあっても自身のこれからのことですので、機会があれば自ら営業活動をすることもありだとおもいます。大事なことだからこそ人に任せずやってみることで、得られるものも大きいです。

起業家として成功するための理想的なキャリアパスとは?

1.スキルの獲得
ビジネスや経済に関する知識の習得は始めたほうが良いですね。いまはYouTubeもありますので、まとめてみて、その後本を読むというふうにすれば効率的です。ただし、パソコンスキルだけは、みるだけでなく使っていかなくてはなれないので、はじめから使い慣れていった方がいいです。
少し高い投資になるかもしれませんが、パソコンだけはサクサク動くものをお買い求めになったほうが良いと思います。MACでもWindowsでもどちらでもよいです。

2.起業アイデアの検討
起業アイデアは、ご自身の経験や専門知識を模索し検討することをお勧めします。全く違う業界へ飛び込みたいというかたもいると思いますが、その場合はさらに十分な経験期間をおいてスタートすることを進めます。お金を先に投資するのは危険ですので、ある程度、アイデアの段階でシミュレーションしてください。お金があるときはだましてやろうと思う人も多くいます。誰に任せるか慎重にやりましょう。

3.学ぶ姿勢
スポーツアスリートは特にここが謙虚とかってに思っています。スポーツの世界は、現役時代は短く終わってしまうものもありますが、ビジネスの世界は現役時代は長きます。少しづつでも一緒に学びながら進めていきましょう。

あとは地域社会家の貢献ですね。